ウーマン

うつの原因

ハート

うつ病に多くの人が悩まされています。また、発症者が多いのにも関わらずまだ謎が多い病気です。しかし、原因はいくつかの要因があると分かっています。ですから、どのような原因があるのかを知ってうつ病対策をしていきましょう。そうすることで発症した時に適切な対応ができ、さらには予防も可能になります。うつ病の大きな原因として考えられているのが遺伝子です。遺伝子が関係しているので、血縁関係の人の中にうつ病がいれば発症する可能性が非常に高くなるのです。しかし、このうつ病の発症は個人差があることを念頭に置いて下さい。この他にも考えられる原因はあります。その原因の一つに挙げられるのがストレスです。ストレスによってうつ病を発症するということが世間一般で知られているのではないでしょうか。また、この時のストレスには人間関係に悩んだり環境に馴染めなかったりすることで感じる場合があります。さらに、家族との別れなどでもストレスを感じてしまいます。このようなストレスを発散する場がなく、蓄積してしまうことでうつ病になる可能性が高くなってしまうでしょう。ですから、少しでも軽減できるようにストレス発散をするようにして下さい。ストレスの他に原因としてあるのが体調不良からなることもあります。うつ病は、精神疾患に部類されるので心の具合をみることが多いです。しかし、長期的に疲労が抜け切れないなどの問題があれば脳が正常に動かなくなります。そうなることで、神経伝達物質に関わっているセロトニンとノルアドレナリンが分泌できなくなるのです。これらの成分が分泌されなくなると意欲の低下と気分の落ち込みが起こります。また、悪化すると脳血管障害や甲状腺機能が正常に働かなくなるでしょう。このようなことが原因となりうつ病は発症します。その為、うつ病になる原因は様々あると言えるでしょう。しかし、なぜ発症するのかを知っていれば予防の対策をすることができます。また、うつ病の原因を抱えている人が周囲にいれば手助けをしてあげるようにして下さい。そうすると、うつ病であったとしても悪化することを防げます。また、うつの1番の対策はストレスがあれば少しでも解消する場を見つけることと、生活習慣を見直して健康な身体にしておくことになるでしょう。

TOP