ウーマン

うつの初期症状

相談

近年、うつ病などの精神疾患に悩まされている人が非常に多くなっています。また、うつ病になると感情のコントロールが難しくなるため落ち込みやすくなったり、気持ちの変動が大きかったりします。この感情の変化に体がついていかなくなると体調を崩す可能性も高くなるのです。その為、普段の生活に影響を及ぼすこともあります。しかし、うつ病は早期発見・早期治療をすると日常生活に差し支えが出ることはないでしょう。ですから、早期発見をするためにどのような初期症状があるのかを知っておくことが大切です。初期症状を知って早い段階で対応するようにして下さい。

うつ病の初期症状は分かりづらいことも多いので気付かない場合もあります。しかし、初期症状を見逃していると手遅れになるのでうつ病の初期症状はどんなものがあるのかを知っておきましょう。うつ病の初期症状に挙げられるのが思考力の低下です。思考力の低下と聞いてもピンと来ない人も多いのではないでしょうか。思考力が落ちると、自分の身の回りに起きる事柄に深く関心を持たなくなります。また、以前までは慎重に行動していた人が適切な判断が出来ずになってしまうのです。さらに、適切な判断が出来ないため仕事や勉強に差し支えが出てきて良くない結果へと繋がってしまいます。この他にも、何もする気がなくなったり集中力が続かなかったりといったことも初期の症状として見られるでしょう。また、これらの症状によって仕事で失敗する場面が多くなり更に落ち込んでしまうという悪いサイクルに巻き込まれます。このサイクルが悪化すると笑顔が減って今までは楽しかったことも心の底から楽しめなくなるのです。ここまで来ると、体に異常が起きることがあります。体に起きる異常として多いのが朝に起きられなくなることです。うつ病になると朝が考えられないほどに弱くなります。この症状は、うつ病の進行によって起きる症状なので頑張っても起きられないのであれば病院にいく必要があると言えるでしょう。また、うつ病による自律神経の乱れで起きる体への異常が下痢です。さらに、円形脱毛症になることもあります。これらの体への異常が悪化すると動悸がしてきます。この動悸はうつ病の中でもかなり重症となる症状なので気をつけておきましょう。動悸が激しくなると倒れてしまう可能性もあるので、初期症状の段階で治療を始めることが大切になります。このような初期症状を知っておけば手遅れになることはありません。また、これらの初期症状に該当するのであればうつ病を疑った方が良いでしょう。

TOP